スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころから   合掌



  会葬礼状に 涙したこと ありますか。


 先日、会社の先輩の御令室が 天へ召されました。

 まだまだ 若すぎる、早すぎる お別れでした。


 参列は出来ませんでしたが、受け取った会葬礼状。

       『こ こ ろ か ら』

 と題されたその文面。 

 見慣れた礼状は、「本日は御多忙ななか、亡き○○の・・・」が多いのですが、



 『○○ ありがとう・・・』あふれる感謝を込めて



 と、亡き奥様に贈る 語り尽くせない 感謝の言葉が綴られ、

 最期の言葉として 
 
  「『私と一緒に過ごした ○○間は、走り続けた人生に対する
    最大の 御褒美として幸せな日々でした・・・』
    と云ってくれた事は、私の生涯の宝物です。    」

 で、締めくくられていました。



家族を、カミサンを、親を、日頃お世話になってる皆さまを

大事にせねば と 考えさせられる 一通でした。



 礼状を個人的なBlogに記す事は、好ましくないかもしれません。
 それでも、普段家族に迷惑かけっぱなしな自分への叱咤も含め、
 記さずに居られない 出来事でありました。

合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

パートさま

最期に こんな言葉をかけてもらえる夫婦でありたいと、
受け止めます。 大事にしなきゃね。

はもさん

重い内容ですみません。
はたして、自分がその時を迎えたら、
言ってもらえるだろうか。。。。。

家族、大事にせねばと考えさせられました。

No title

心から愛されていたという気持ちが
伝わるとっても素敵な言葉ですね。

ご冥福をお祈りいたします。

No title

胸にズシンときました。
考えさせられました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
プロフィール

akadai

Author:akadai
あ~ジテンシャ乗りて~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問マイドっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。