スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤豆号で200Km ②奥日光からのダウンヒル

赤豆号(DAHON BoardWalk)で向かった日光路 その②です。

いろは坂を ぜ~はぁ~と制覇した赤豆号。 お昼には
まだ早いと、国道120号を奥日光に向けて進みます。
 中禅寺湖畔は、真っ平らだと思ったら結構Up/Down
あるんね。
 竜頭の滝から先に、長いくねくね坂が有ります。
むかしむかしMTBで登った経験があるんで、キツイのは
知っていたものの、日光市街から しっかり乳酸貯金をした
akadaiの脚には、この坂は堪えた。
 
 途中で赤豆号から降り、路肩でしばしグリコ休憩(笑
キャラメル3コを口に放り込む至福の時。
竜頭滝の坂に屈するまーっすぐな戦場ケ原の道湯滝でマイナスイオン浴び

 ちょと休憩したら、だいぶヤル気が蘇った。
一気に戦場ヶ原へ到着。 果てしなくまっすぐな道を気持~ちよく
飛ばして、湯滝へ。

 ここ、オススメです。久々に来たけど、外したら勿体無い!
マイナスイオンを全身に浴び(スゲー飛沫)クールダウン。

 あ~満足。 さて、折り返して ソースカツどんに在り付くか。

でも、せっかく来たんだし 湯元温泉の足湯に入ってくか・・・・・
  (この’せっかく’があとで・・・)
しっかり攣った ふくらはぎを温泉マッサして、金精峠入り口で
記念写真。
 一気に坂を下ります。 恐っ MAX54Km/h出てた。
奥日光湯本 到着男体山Bestスポット

 さてさて、中禅寺湖まで降りてきて、浅井のカツどんを・・・『ん!?!』
やってもーた。 暖簾仕舞われ、昼の営業 Theエンドっ。

 悔しさから、炎天下の華厳の滝で、熱々の「すいとん」食べましたよ。
(意味不明)

こっから一気に 第一いろは坂をダウンヒル。
脚攣りながら登ったのとは対照的に、あっと言う間に 馬返へ。
一気に下った第一いろは坂
 まだまだ 続く坂。 日光市外まではすぐでした。
東武日光駅へ戻った

東武日光駅に預けた荷物を引き出し、ここから約40Km先の
宇都宮へと向かいました。

                        つづく
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

パートさま

 この近辺も山ばっかりなので、高速ダウンヒルは しょっちゅう
経験します。
 体重を後方に移動、イザって時のパニックブレーキングを
想定しながら下ります。 さすがに、第一いろは坂は 恐くて
ブレーキ握り締めつつ 下ったけど。

 まースリルと恐怖は、クロス大福号の比じゃないですね。

No title

うひゃ~ 赤豆ちゃんで54キロ~!!

クロスでも恐ろしい速度なのに、怖かったでしょう?

ブレーキの点検は怠らないようにしなきゃです・・・
プロフィール

akadai

Author:akadai
あ~ジテンシャ乗りて~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問マイドっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。